家電を狙い撃ち【ベストプライスハンター】

家電を狙い撃ち

家電占いの結果、僕は家庭用ゲーム機でした。

貴方を家電に例えると、家庭用ゲーム機です。

ユーモアのセンスに富み、常に周囲の人を和ませる貴方はまさに家庭用ゲーム機です。とにかく、人を楽しませることが大好きで、そのことで喜びを得ます。自分自身も楽しいことが大好きで、常に面白い物を探求しています。堅い事が嫌いで勉強などはもってのほかでしょう。しかし、潜在能力は高く、ユーモアへの探求心を仕事に生かせれば大成功するでしょう。子供に人気があるため、先生などが向いていると思われますが、授業そっちのけで「今日はグランドでサッカーだ」などと言って生徒と遊んでしまう危険性があるので注意です。
恋愛面では、非常にロマンティストで面白い人と思わせときつつ、ムードを重視します。そんな意外性が相手の心を引きつけることでしょう。貴方自身は理想が高く、テレビさんのようなエリートを好みますが、不倫などの良からぬ関係になったり、ビデオさんとの三角関係には注意が必要です。

うーん、当たっている。秋葉原で働くと決めたとき、希望はゲーム売り場だったんだけど、白物家電売り場に配属され、悲しい気持ちになった初日から早数年。今ではチェーン店1位の売上を誇る名物社員となりました。

そんな僕が教える家電の事をまとめましたので、このサイトを気に入ってくれたらうれしいです。

家電とは

家電機器(かでんきき)とは、主に家庭で使用される電子機器・機械である。

諸法令や、行政発行の文書における用例では「家庭用電気機械器具」が用いられているが、一般的には、次のように呼ばれることもある。

  • 家庭用電気器具(かていようでんききぐ)
  • 家庭用電気機器(かていようでんききき)
  • 家庭(用)電気製品(かてい(よう)でんきせいひん)
    • 略称・電気製品(でんきせいひん)、家電製品(かでんせいひん)、家電(かでん)
  • 家庭(用)電化製品(かてい(よう)でんかせいひん)
    • 略称・電化製品(でんかせいひん)

文中では、主に「(家庭用)電気製品」の名称を使う。

家庭用と工業用との商用電源では電圧、電流が異なるが、家庭用電気製品は、一般家庭に配電されている単相100ボルトまたは単相200ボルトの電圧に対応し、販売は電気用品安全法(PSE法)に定められており、素人が使用しても危険がないように設計され、説明書なども詳しく書かれている。

家庭用電気機械器具(家電)業界

家庭用電気製品を販売する小売店舗を家電店(電気店、電器店)と呼び、製造・卸売を含めて家電業界と呼ぶ。

2000年代に入り「ヤマダ電機」や「コジマ」など上位家電小売業チェーンによる販売の寡占化が進んだ結果、また2009年頃から家電レンタル業者の参入もあり、家電業界全体が熾烈な競争社会となっている。

家庭用電器機械器具製造業

  • 1920年代より、輸入されていた家庭用電気製品について、簡単なものから国産化を進めていった。
  • 1950年代には、家庭の電化が進み製造量が飛躍的に伸び始めた。
  • 1960年代より、輸出されるようになっていった。
  • 1970年代は、品質も向上し主要な輸出品目となった。
  • 1980年代中ごろより、円高による製造部門の海外移転(主に東南アジアを中心としたNIES諸国)により、現地生産や逆輸入が拡大した。そのため、国内では高級品や主要部品のみの生産となっていった。
  • 1990年代中ごろより、技術の確立した部品も現地生産されるようになり、先端商品のみの国内生産となっていった。
  • 2000年代に入り、海外メーカの技術力向上により、海外や国内の普及品の市場が供給過剰となった。

主な企業は、日本の企業一覧 (電気機器)を参照

家庭用電器機械器具小売業

  • 1950年代より、メーカー系家庭用電気製品小売業チェーンの個人商店の組織化(例:松下電器産業(現在のパナソニック)による「ナショナルショップ(現在のパナソニックショップ)」「ナショナル店会」、日立製作所の「日立チェーンストール」、東芝の「東芝ストアー」、三菱電機の「三菱電機ストアー」など)がされ、家庭への普及の足がかりとなった。
  • 1970年代より、スーパーマーケットチェーンが、家庭用電気製品の安売りをはじめた。
  • 1970年代中ごろより、日本電気大型店協会加盟企業を中心とした、独立系家電小売業チェーンが、鉄道の主要駅前に大型店舗を出店するようになった。
  • 1980年代中ごろより、独立系家電小売業チェーンが、ロードサイド郊外型の大型店を出店しはじめた。この頃から、「○○電気商会」といった、メーカー系個人商店の減少が始まる。
  • 1990年代後半から独立系家電小売りチェーン企業の競争が全国レベルに激化し、和光デンキ、そうご電器など多くの地方家電が姿を消した。一方、価格破壊を全面的に打ち出した通称YKK(ヤマダ電機、コジマ、ケーズデンキ)やカメラ系量販店(ビックカメラ、ヨドバシカメラなど)が急速に台頭、これらは従来の電気街を凌駕する勢力を見せるようになった。
  • 2000年代になってから、高齢化の進行に伴い、個人商店への回帰が徐々に始まり、その存在が見直されつつある。もっとも、経営者の後継者不足という根本的問題を解決しない限り、今後供給不足という事態に陥る危険は高い。

電気製品一覧

あ行

  • アイロン
  • あんか
  • インターホン
  • ウォーターオーブン
  • ウォークマン → デジタルオーディオプレーヤー
  • 薄型テレビ
  • エア・コンディショナー (エアコン)
  • エアサーキュレーター
  • 映像機器
  • ACアダプタ
  • MP3プレーヤー → デジタルオーディオプレーヤー
  • オーバーヘッドプロジェクター (OHP)
  • オーブン
  • オーブントースター
  • オーブンレンジ
  • オイルヒーター(オイル密閉、非燃焼)
  • オーディオ → 音響機器、ミニコンポ、ラジカセ
  • 温風器

か行

  • カーオーディオ(車載機器の一種)
  • カーボンヒーター
  • 加湿器
  • 換気扇
  • キャッシュレジスター
  • 吸湿器 → 除湿機
  • 給茶機
  • 空気清浄機
  • 給湯器
  • 吸入器(家庭用の呼吸器用治療器)
  • 蛍光灯
  • 携帯音楽プレーヤー → デジタルオーディオプレーヤー
  • 携帯情報端末 - PDA
  • 携帯電話 - 携帯電話端末 → スマートフォンも参照
  • ゲーム機 → 家庭用ゲーム機・携帯ゲーム機も参照
  • コードレス電話
  • コーヒーメーカー
  • コーヒーウォーマー(喫茶店でコーヒーを温めておくプレート)
  • 氷かき機
  • こたつ
  • コピー機
  • コンパクトカセット

さ行

  • 散髪器具
  • CDプレーヤー
  • シェーバ、ヒゲトリマー
  • 除湿機
  • 食器洗浄機
  • 水銀灯
  • 炊飯器
  • スピーカー
  • 精米機
  • 石油ファンヒーター
  • セラミックヒーター
  • 洗濯機
  • 扇風機
  • 掃除機

た行

  • 体脂肪計
  • タイプライター
  • DVDプレーヤー
  • DVDレコーダー
  • デジタルカメラ
  • テレビ受像機
  • テレビデオ
  • テレビゲーム
  • 電気あんか
  • 電気カーペット
  • 電気スタンド
  • 電気ストーブ(赤熱式、遠赤外線)
  • 電気ポット
  • 電気毛布 電気掛敷毛 電気ひざかけ
  • 電撃殺虫器
  • 電磁調理器
  • 電子蚊取り 液体 マット
  • 電子辞書
  • 電子手帳
  • 電子レンジ
  • 電卓 - 電子卓上計算機
  • 電動歯ブラシ
  • 電話
  • トースター
  • 時計
  • ドライヤー
  • トランシーバー (無線機)

な行

  • 生ごみ処理機

は行

  • 白熱電球
  • パソコン
  • パネルヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • パン焼き機
  • PDA - 携帯情報端末
  • ビデオカメラ
  • ビデオテープレコーダ
  • ファクシミリ
  • 複写機
  • 布団乾燥機
  • プラズマディスプレイ
  • プロジェクタ
  • ヘアドライヤー
  • ヘアーアイロン
  • ホームシアター
  • ホームベーカリー
  • ホットカーペット
  • ホットサンドメーカー
  • ホットプレート
  • ポンプ 風呂水ポンプ 水道ポンプ 揚水ポンプ

ま行

  • マッサージ椅子
  • ミキサー (調理器具)
  • ミニコンポ
  • ミニディスクプレイヤー/レコーダー (MD)
  • ミル(粉砕器)
  • 餅つき器

や行

  • ヨーグルトメーカー

ら行

  • ラジオ
  • ラジカセ - ラジオカセット
  • ラテカセ - ラジカセにテレビがついたもの(ここでいう「ラテ」とは"ラジオとテレビ"の事)
  • ランタン
  • リアプロジェクションテレビ
  • 冷水機
  • 冷蔵庫
  • 冷風機 スポットクーラー コンビニクーラー
  • 冷風扇 水や氷を使用 打ち水

わ行

  • ワープロ